婚姻届

令和6年6月18日

 1. 提出期限

外国の法律に基づいて婚姻した場合、婚姻成立日から3か月以内に婚姻届を提出しなければなりません。
3か月を越えて提出する場合は、遅延理由書を作成・提出いただきます。

 2. 提出方法

 (1)当館を訪問して提出する場合
領事窓口は予約制となっております。ご来館の際は、必ず電話(代表:01-202-8300)かメール(consular@ir.mofa.go.jp)にて事前にご連絡ください。

(2)郵送で提出する場合
郵送される前に事前に確認致しますのでE-mailで当館まで送付してください。メール1通あたり10MBまでの容量しか受け取れませんので、必要に応じてメールを分割してください。その際、婚姻日(もしくは婚姻予定日)、配偶者の国籍を明記してください。郵送の際は、書留郵便(Registered Post)をご利用ください。

【郵送先】
Consular Section(Registration)
Embassy of Japan
Nutley Building, Merrion Centre, Nutley Lane, Dublin 4
 
(3)日本国内の本籍地役場に直接提出する場合
あらかじめ本籍地役場に必要書類等を御確認の上、提出してください。
 

 3. 注意事項

 (1)婚姻届は必ず白いコピー用紙に印刷してください。印刷が困難な場合や用紙がダウンロードできない場合は、領事班までご連絡ください。

 (2)当館に提出後、約1~2か月で日本の戸籍に婚姻の事実が記載されるので、日本の御家族を通じて本籍地役場に確認してください。

 

 4. 必要書類


<日本の方式による日本人同士の婚姻の場合>
男女双方が日本法で定める婚姻要件(婚姻年齢、重婚でない等)を満たす場合、届出のみで婚姻が成立します。
 
(1)婚姻届 3通(ただし、本籍地を新たに定める場合は4通)
記入例及び記入上の注意事項を参考に記載してください。
届出用紙に成年の証人2名の署名が必要です。
※新本籍が本籍として設定可能かどうか(特に番地)を予め新本籍地役場に確認して下さい。なお、本籍にハイフン(-)は使用できません。
 
(2)双方の旅券の顔写真ページのコピー 各1通
 

<外国の法律に基づいて婚姻が成立した場合>
(1)婚姻届 2通(ただし、本籍地を新たに定める場合は3通。双方とも日本人の場合、プラス1通。)
記入例及び記入上の注意事項を参考に記載してください。
※新本籍が本籍として設定可能かどうか(特に番地)を予め新本籍地役場に確認して下さい。なお、本籍にハイフン(-)は使用できません。
 
(2)Register Office 発行の Marriage Certificate 原本 1通
当館でコピー作成後、原本を返却します。郵送による届出の場合は、Marriage Certificateの返送用封筒を同封ください(切手の貼付、宛名住所の記載もお願いします)。
 
(3)Marriage Certificate の日本語訳 1通
記入例を参考にして、ひな形に記載してください。
 
(4)双方の旅券原本 各1通
当館でコピー作成後、原本を返却します。
※郵送で提出する場合、双方の顔写真ページのコピーを送付して下さい。なお、外国人の旅券については、必ず最寄の警察署にて「原本証明」済みの顔写真ページを2通送付して下さい。 
 
(5)外国人配偶者の旅券の日本語訳 1通
  ひな形に記載してください。

 
日本の戸籍上の氏(姓 Surname)を外国人配偶者の氏に変更する場合、婚姻成立日から6か月以内であれば、以下の書類を届出ることによって氏を変更できます。6か月を越えた場合は、日本国内で家庭裁判所の許可が必要です。

   外国人との婚姻による氏の変更届  2通

 記入例及び記入上の注意事項を参考に記載してください。
 


参考情報: