領事情報

2022/4/1

旅券(パスポート)

  • 旅券一般についてはこちらをご覧下さい。


申請・受領方法:

  • 原則として申請者本人が当館窓口に直接申請して下さい。郵送による申請はできません。
  • ご来館が困難な場合、申請者の指定した方が代理申請することも可能です。ただし、申請者署名等を申請者本人が申請書に記入する必要があるため、あらかじめ申請書を当館より入手して下さい。代理人を通じて申請(増補の場合は代理人による受領も可)を希望される方は、念のため事前に大使館領事班までご相談下さい。
  • また、未成年者の申請には、法定代理人(親権者)の署名(通常は、両親のどちらかの署名、もしくは同意書)が必要となります。

     未成年者の旅券発給申請における注意点

  • 受領の際は、手数料(現金のみ可)をご用意の上、必ず旅券名義人ご本人が窓口にお越し下さい。

【連絡先】01-202-8300(大使館代表)

新規・有効期限内の切替発給

必要書類:
   1. 一般旅券発給申請書(当館窓口または郵送にてお渡しします)
5年用または10年用があります。18歳未満は5年用のみです。

申請書のダウンロードを御希望の方はこちらをクリックしてください。

   2. 戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内に発行されたもの)
有効期限内の切替発給の申請で、氏名や本籍地等の記載事項に変更がなく、申請書に本籍地が地番まで明確に記載できる場合には、戸籍謄(抄)本の提出を省略することができます。
   3. 写真 1枚
縦4.5cm×横3.5cm、縁無なし、頭の縦の長さ3.4cm、正面、無帽、無背景、過去6ヶ月以内に撮影された名義人のみが写っているもの。カラー、白黒どちらでも可(規格はこちらをご覧下さい)
   4. 現在所有する旅券
   5. 国際結婚、両親のいずれかが外国籍である、二重国籍者、外国出生等の理由で戸籍上外国式の氏名が記載されている方で、旅券の氏名欄に非ヘボン式ローマ字(外国式綴り)または別名の併記をご希望の方は、綴りを確認する資料(出生証明書、婚姻証明書、外国人配偶者旅券等)
 ただし、すでに非ヘボン式、別名併記の氏名が有効な現旅券に記載されている場合には、上記資料の提出を省略することができます。


所要日数:
申請から受領までの手続きに要する期間は通常5日間(土日・閉館日を除く)です。

手数料:
手数料はこちらをご覧下さい。


(注1)申請書は機械処理するため、折り曲げたり汚したりしないように気をつけて下さい。
(注2)記入は、太枠内を黒インクか黒ボールペンで記入して下さい。

記載事項の変更

氏名または本籍地に変更が生じた場合、旅券または記載事項変更旅券を申請できます。記載事項変更旅券とは、現在所持されているパスポートと有効期間満了日が同一となるパスポートを新しく発行するものです。

必要書類:
   1. 一般旅券訂正申請書(当館窓口または郵送にてお渡しします)
   2. 戸籍謄(抄)本(身分事項の変更の事実が記載されたもので6ヶ月以内に発行されたもの)
   3. 写真 1枚
縦4.5cm×横3.5cm、縁無なし、頭の縦の長さ3.4cm、正面、無帽、無背景、過去6ヶ月以内に撮影された名義人のみが写っているもの。カラー、白黒どちらでも可(規格はこちらをご覧下さい)。
   4. 現在所有する旅券
   5. 国際結婚、両親のいずれかが外国籍である、二重国籍者、外国出生等の理由で戸籍上外国式の氏名が記載されている方で、旅券の氏名欄に非ヘボン式ローマ字(外国式綴り)または別名の併記をご希望の方は、綴りを確認する資料(出生証明書、婚姻証明書、外国人配偶者旅券等)


所要日数:
申請から受領までの手続きに要する期間は通常5日間(土日・閉館日を除く)です。

手数料:
手数料はこちらをご覧下さい。


(注1)申請書は機械処理するため、折り曲げたり汚したりしないように気をつけて下さい。
(注2)記入は、太枠内を黒インクか黒ボールペンで記入して下さい。

査証欄の増補

現在有効な旅券には一回に限り査証欄の増補ができます。一度増補された旅券の査証欄の余白が無くなった場合には、新規旅券を申請していただくことになります。

必要書類:
   1. 一般旅券査証増補申請書(当館窓口または郵送にてお渡しします)
   2. 現在所有する有効な旅券


所要日数:
お待ちいただいている間に作成いたします。

手数料:
手数料はこちらをご覧下さい。


(注1)申請書は機械処理するため、折り曲げたり汚したりしないように気をつけて下さい。
(注2)記入は、太枠内を黒インクか黒ボールペンで記入して下さい。

旅券の盗難・紛失の届出

盗難や紛失を防止するためには、身体から離さない等十分な注意が必要です。万一、置き引 き、スリ等により旅券を盗難・紛失された場合は、先ず最寄りの警察に届出て、盗難・紛失を届出たことを証する書類を入手の上、大使館領事班にて以下の手続きをして下さい。手続きはご本人の来館が必須ですのでご注意下さい。

盗難・紛失時の旅券発給手続

必要書類:

   1. 紛失一般旅券等届出書(当館窓口でお渡しします)
   2. 一般旅券発給申請書(当館窓口でお渡しします)
   3. 写真 2枚
縦4.5cm×横3.5cm、縁無なし、頭の縦の長さ3.4cm、正面、無帽、無背景、過去6ヶ月以内に撮影された名義人のみが写っているもの。カラー、白黒どちらでも可(規格はこちらをご覧下さい)。
   4. 戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内に発行されたもの)
※緊急の場合は、まず日本からFAXで送付し、原本は帰国後、大使館領事班宛に郵送して下さい。
   5. 警察からの盗難・紛失届出証明書
   6. 国際結婚、両親のいずれかが外国籍である、二重国籍者、外国出生等の理由で戸籍上外国式の氏名が記載されている方で、旅券の氏名欄に非ヘボン式ローマ字(外国式綴り)または別名の併記をご希望の方は、綴りを確認する資料(出生証明書、婚姻証明書、外国人配偶者旅券等)


帰国のための渡航書
盗難・紛失時の旅券発給の手続きに時間的余裕がない場合には、日本へ経由地に入国しない(空港の外に出ない)便で帰国する方に限り、旅券に代わる「帰国のための渡航書」を発給しております。

必要書類:
 
  1. 紛失一般旅券等届出書(当館窓口でお渡しします)
   2. 渡航書発給申請書(当館窓口でお渡しします)
   3. 写真 2枚
縦4.5cm×横3.5cm、縁無なし、頭の縦の長さ3.4cm、正面、無帽、無背景、過去6ヶ月以内に撮影された名義人のみが写っているもの。カラー、白黒どちらでも可(規格はこちらをご覧下さい)。
   4. 警察からの盗難・紛失届出証明書
   5. 航空券
   6. 日本国籍が確認できる書類(戸籍謄(抄)本、本籍地の入った住民票、本籍地の入った日本の運転免許証)
※緊急の場合は、まず日本からFAXで送付し、原本は帰国後、大使館領事班宛に郵送して下さい。

 

所要日数:
今後のご予定をお聞きした上で迅速な対応に努めます。

手数料:
手数料はこちらをご覧下さい。

(注1)申請書は機械処理するため、折り曲げたり汚したりしないように気をつけて下さい。
(注2)記入は、太枠内を黒インクか黒ボールペンで記入して下さい。